初心者がせどりについて調べたら怪しい情報商材や無料レポートに出会った8月後半!

2011.8月の続きせどり経験談

2011年9月から実際にせどりをやってみようと実践してみることになる。

しかしせどりにおいて仕入れという身銭を切る行為はやはり怖かった

こういう風なお金の使い方を今までにしたことがなかったからだ。

一般的な生活をしていれば売る為に買うという行為をすることはないだろう。

前の月(2011年8月)にひたすら、せどりについて調べたが、このまま調べていてもキリがないと判断した。

2011年8月のせどり体験談の続きの体験談

今回の話はまだせどりを知った2011年8月の続きとなる。

どれだけせどりについて1ヶ月間調べたのかどんなことをしてたのかを知ってもらいたい。

当時の私は(せどりにしてもネットビジネスにしてもズブの初心者だった)もちろん情報商材や無料レポートなどの存在も存在意義も全く知らなかったし分からなかった。

だが『なにやら役に立つ(せどりのヒント)ことが書いてあるのだな』ということはたくさんのせどりブログから判断することができた。

だが情報商材というものはバカ高かった!

当時は”せどりの眼”という商材がせどり教材ではイチオシされていた記憶がある。
ほかにも阿部式せどり塾みたいなビームせどりの走りみたいなものもあった。

そして・・・ただただ情報商材は怪しすぎた・・・

ネットビジネスを知ったばかりの私がそんなものを購入できるわけがない。

せどりの眼の価格が確か14,800円とかだったと思う。
阿部式せどり塾にいたっては「せどりの塾?魔法のメガネ?ってなんだ?(クソ胡散臭いやないか)」って思った。

情報商材をすぐに購入ができる人の行動力は本当に尊敬できる。
おそらくその辺りが早く結果を出す人ととの違いなのだろう。

今の私なら分かる。

【2011年12月】改めてせどりとは?ということを勉強!遂に情報商材の洗礼を受ける!

リスクのなさそうな無料レポートを試してみる

2011.8月の続きせどり経験談2

それでもなんとか私は無料レポートという、名前とメールアドレスを登録して請求する、情報商材と並びよくわからない怪しいシステムを試してみることにした。

もう勉強のつもりとわりきって請求してみた。
無料であるがゆえにリスクはないだろうと判断したためだ。

当時の私はせどりでお金を稼ごうというのにお金を使わなければならない意味が分からなかった。

しかしこのときの私はすでにせどりとかネットビジネスの魅力にとりつかれてハマッていたと思う。

3ヶ月後に月商50万とか100万を甘く考えていたからね。
(月商の意味もあんまり理解していなかった)

それでも、一応最悪を想定して、この時の私はヤフーのフリーメールアドレスを持っていたのでそれを無料レポートを請求するメールアドレスの登録に使うことにした。

当時、捨て垢というシステムというか方法など知らなかったが、今考えると自然と行っていた。

※2015年の3月時点でもこのメールアドレスは無料レポート請求用のメールアドレスとして活躍している。

今までの経験がどこで役に立つか分からない

このヤフーのフリーメールアドレスは当時のアルバイト先で強制的に作らされたものだった。

そして私は専門学校時代に就職活動の為に学校でヤフーのフリーメールアドレスの作り方を運良く教わり、なぜかそれを未だに覚えていた。

今までに勉強したことが本当にどこで役に立つかわからないものだと思った。

1つ2つと無料レポートをぽつぽつと請求したことで私は無料レポートの請求に慣れることが出来た。

無料レポートを請求したことでどんな本をいくらで仕入れていくらで売れたとかということを知ることが出来た。

しかし、今考えるとそんなことはあまり要らない情報だと判断できる。

また、自分が望んでいる無料レポートを請求すると同時にいくつかの要らないメールマガジンの登録までもが強制されることになった。

おかげで訳の分からないメール達でヤフーのメールボックスは埋め尽くされていった。

当時はメルマガという存在も全く知らなかった。

だが、このことがきっかけとなりヤフーメールボックスのフィルター機能を覚えることが出来た。

そして、この時の私はまだパソコンを持っていないことを忘れないでほしい。
どこでこの作業をやっていたかというのは・・・なんとなく察して欲しい。

せどりを実際に始めたときの私のせどりスタイルには驚くことになるだろう。

私がパソコンを購入するのはせどりを知ってから2ヶ月後の2011年10月のことだったと思う。
その当時購入したパソコンは未だにサブで使っているレノボのパソコンだ。

せどり体験談トップページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です